戦略の基本は、【非戦】【非攻】【非久】

今回、超訳孫子の兵法「最後に勝つ人」の絶対ルール田口佳史著を読破した。 
簡潔に要約すると、戦略の基本は、【非接戦・非攻・非久】である。
この書籍には、下記内容が記載されていた。
①「自分が優位に立って事を運べ」~メリットの提供。得手、不得手を利用。相手の弱点攻撃。
②兵は国の大事にして、死生の地、存亡の道なり。
③悲観的に準備して、楽観的に行動
④勢とは利に因りて権を制すなり。 
~相手を威圧して勝ちを諦めさせる常套手段に対しては、威圧せず勢いでぐいぐい押すと、戦う手立てがなくなる。
兵は詭道なり
~バカになると、どんな相手も無防備になる
⑥自分の実力強化に努める事が、戦う者の本道である。
⑦何を武器に戦うか?が大事!
⑧セカンド能力を駆使し、ファースト能力をサブで使う事。でないと、競争相手が多すぎる。
⑨兵は拙速を聞く→いち早く仕掛け主導権を握る

⑩戦わずして勝つ
⑪非戦、非攻、非久
⑫防御は最大の攻撃なり
⑬【勝兵は先ず勝ちて而る後に戦いを求め、敗兵は先ず戦いて而る後に勝を求む】→勝つ方は先に勝つという見通しがたってから戦い、一方、負ける方は戦いを始めてからどうやったら勝てるかを考えている。 
⑭夫れ兵の形は水に象る→相手の本心をた引き出せ
⑮智者の慮は必ず利害が雑う。
→物事は利害の両面から考えろ

家康は、信長と異なり、【非戦】【非攻】【非久】であった。だからこそ、関ヶ原の戦で容易く大勝利し、300年に亘る徳川政権を維持出来たのである

【無手勝流】(戦わずして策略で勝つ事)こそが格闘技

老子の兵法~戦略・戦術はもういらない~湯川進太郎著を再読破した。
 物事は究めていくほどシンプルとなり自然に帰っていく。だから、【無手勝流】こそが、人生において一番重要であると強調されていた。【無手勝流】とは、 戦わずに勝つこと。力によらず策によって勝つことを意味する。

以下は、この書籍における要約である。

①武道とは、要するにタオ【宇宙の根元となる真理】を知る為のモノである。

②武術の術たる所以は、最小のコストで最大のベネフィットを生むことである。

③天は長く地は久し。

④⭐上善如水⭐上善は水の若し。水のようになれば、柔らかくぶつからず、その場に良い流れを産み出せる。

⑤あれこれ習うよりも、シンプルに一つの術、技、形をただひたすら練る方が、より深く高く遠い所に行ける。

⑥技の本質は、目で見ても分からないから全身くまなく使って考え抜くことである。

⑦達人とは、評価や功績に縛られない自由で自然な存在になることである。

⑧目に見えるモノをヒントにして、大切な見えないモノをつかむことである。

⑨あるがままに観察しつつ、流れの中で流れに乗り、.抗う事なくただ在り続ける。

⑩人は地に法り、地は天に法り、天は道に法り、道は自然に法る。

勝ち負けを越えて、大いなる自然に従え!無理に勝とうとすれば、勝つどころか負ける。だから、勝たないようにしつつ、負けないようにするには、自然でいる事である。

⑪企(つまだ)つ者は立たず、跨(また)ぐ者は行かず。
つま先で立つものは、立ち尽くすことができない。大股で歩くものは、長く歩くことはできない。

⑫自ら伐(ほ)むる者は功無く、
自ら矜(ほこ)る者は長(ひさ)しからず。
自分でほめる者は、何も成功しない。自分の仕事ばかり、誇りにする者は、長続きしない。のことが記されている。

⑬自然とは、余計な装飾を削りとっていった原石である。物事は究めていくほど、シンプルになる。シンプルとなり自然へと帰っていくから、そこに、真理がある。真理に近い人には自然と人が付いてくる。

⑭むてかつりゅう
【無手勝流】戦わずに勝つこと。力によらず策によって勝つこと。

戦わないで勝つことを理想とする流儀。

⑮天下の万物は有より生じ、有は無より生ず。いつもやっていることに極意がある。

⑯天下の至柔(しじゅう)は天下の至堅(しけん)に馳騁(ちてい)す。
有(う)無くして間(ひま)無きに入る。
吾是を以て益有ることを知る。【第43条】

水はまっすぐ進む、岩をも切り裂いて、
大地の堅い意志に沿うように走っていても
いつか、水の柔らかい意志に大地はその姿を変える。カタチに囚われないソレは
新しいタチを作り出す。でも水は意志を意識せずただ法則だけで動く
言葉のない自然からの教えは、誰も何も逆らえはしない。これこそ無為の法則

天下の至柔(しじゅう)は天下の至堅(しけん)に馳騁(ちてい)す。

有(う)無くして間(ひま)無きに入る。
吾是を以て益有ることを知る。
不言の教え、無為の益には、天下之に及ぶことは希(まれ)なり。

⭐自分の意思でも、相手の意思でもなく、それを超越した意思に導かれる。それが水のごとき無為自然である。

⑰武道家とは、常に備えている人である、

⑱タオは、実践し続けなければ見失ってしまう
→道なる者は、万物の奥、善人の宝、不善人の保つ所なり

⑲水は低い所に流れていく。そうして、川はやがて海になる。だから低くへりくだる者がタオに通じている。

⑳無手勝流(むてかつりゅう)」とは、「戦わず相手を負かすこと、相手に勝つこと」また「自己流」「自分流」という意味を持つ言葉です。語源となった背景を想像すれば、冷静沈着に相手を見送り「自分なりの勝ち方」を見出した瞬間だったのでしょう。


以上であるが、やはり、三つの名言が、私にとって印象深い。

・達人とは、評価や功績に縛られない自由で自然な存在である。

・人は地に法り、地は天に法り、天は道に法り、道は自然に法る。

・天下の至柔(しじゅう)は天下の至堅(しけん)に馳騁(ちてい)す。

・無手勝流(むてかつりゅう)」とは、「戦わず相手を負かすこと、相手に勝つこと」である。語源となった背景を想像すれば、冷静沈着に相手を見送り「自分なりの勝ち方」を見出すことである。


老子の教えは、天下の至柔を強調しており、一番良いのが【無手勝流】と強調していると、私は痛感している。

・天下の至柔(しじゅう)は天下の至堅(しけん)に馳騁(ちてい)す

水はまっすぐ進む、岩をも切り裂いて、
大地の堅い意志に沿うように走っていても
いつか、水の柔らかい意志に大地はその姿を変える。カタチに囚われないソレは
新しいカタチを作り出す。でも、水は意志を意識せずただ法則だけで動く

言葉のない自然からの教えは、誰も何も逆らえはしない。
世の中の最も柔らかいモノは、最も硬いモノに勝てる
世界で最も柔らかものが世界で最も固いものを動かし、水のように形のないものが、すべての隙間にしみ通っていく。我々はその無為な動きがよい変化をもたらすことを知っている。言葉を必要としない教えが、何もしないのに広がっていき、天下にはこれに敵うものがない。

 

 

天下の至柔(しじゅう)は、天下の至堅(しけん)を馳騁(ちてい)し、無有は無間に入る。吾れ是を以て、無為の有益なるを知る。不言の教、無為の益は、天下のこれに及ぶこと希なり。

 
 

基本を積み重ねて負けないようににする事

井上尚也が勝ちました。打たせずに打つ。ボクシングの醍醐味な試合でした。対戦相手ダスマリナスは、井上のパワーあるパンチ力を恐れて、フットワークしながら対戦。井上はダスマリナスがパンチしたらバックステップしたりしてジャブ→右アッパー→左ボディーというコンビネーションを連発。【ジャブ】で相手をガードさせ、ガードされた右腕と左腕の隙間を縫うような【右アッパー】を出し、必殺技【左ボディー】を繰り出す。途中からノーガードで相手を挑発させ打たせようとしながらジャブ→右アッパー→左ボディーを連発しました。やはり強い!の一言。基本を積み重ねて負けないようにする事が一番です。300年間徳川幕府が存続したのも、基本を積み重ねて負けないようににしたからです。

 


井上尚弥 vs マイケル・ダスマリナス Full Fight ハイライト - YouTube

ボクサー式階段トレーニング

ボクサー式階段トレーニングについて、今回紹介します。

まず何故、階段なのか?

階段とは、高速スクワット出来るトレーニング場です。階段は、駅の構内、歩道橋、公園等、あらゆる場所に存在してます。


階段昇降による高速スクワットの練習は、ダッキングやヴィービングのスキルアップにも繋がります。
老化は、足腰から衰えてきます。
老人になれば、誰もがまともに歩けなくなります。

脚力=歩く力をパワーアップさせねば、移動する事も動く事も出来ません。
日常生活に必要な筋肉を養う為にも、階段トレーニングはお勧めします。


階段さえあれば、駅の中でもどこでも可能なトレーニングなのです。


いろんな階段トレーニングの紹介あるが、ボクサー式階段トレーニングとして、下記3つのメニューだけを紹介します。


・【縦歩き】筋持久力

・【一段飛ばし】腸腰筋

・【サイドステップ】バランス取れた筋肉
詳しくは下記動画をご覧お願い致します。

https://youtu.be/hvjFWvEsG_k

天涯孤独な人生とは?

天涯孤独の人生とはどんな人生なのか?

簡単に言えば、生きるも一人、死ぬのも一人である独りぼっちの人生と言える。

自分の世話は、自分でしなければならない、自分の事を誰も世話してくれない。

老化し足腰が不自由になろうと、誰も下の世話をしてくれない。

全てが、自己責任なのである。

全てが自己責任と捉え、自助努力しないと生き残れないのが、天涯孤独な人生なのである。

 

全ての結果は己次第!⁉️どんな時も!

上記の名言は、neverbackdownという映画の名台詞である。勝負の結果は己次第!どんな時も!だから諦めるな!どんな態勢になろうと、諦めずに勝機を探れば、良い結果に繋がっていくという意味合いである。

具体的に、天涯孤独な人生に必要なことを、下記に述べてみたい。

①自助努力

自助努力とは、自分で自分の身を助けること。他人の力を借りることなく、自分の力で切り抜くことである。


天佑自助(てんゆうじじょ)』という言葉があるが、天の助けがなくとも、自助努力あるのみなのである。  


【天佑・天祐】(てんゆう)とは、天のたすけ。天助である。


『天は自ら佑くるものを助く』

自らが目標を持って努力する姿勢は必ず後の成功や幸せに繋がる

自己防衛あるのみであり、誰も面倒観てくれないのである。

孤独死

死して屍拾う者なし

一人で生き、一人で死ぬわけだから、誰も看取ってくれない。

腸腰筋、大腿筋膜張筋の機能低下

命を守るステイホームで衰える2つの筋肉であり、非常に重要な役割を果たしている。、脚の上げ下げや、ひざの関節の倒し込みなどに影響し、歩行全体を支配している。

その2つの筋肉とは、腸腰筋(ちょうようきん)、大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)である。これらが縮むと姿勢が悪化し、歩行機能から消化機能まで低下しかねないとの事である。
詳しくは、下記HPに記載されている。

ステイホームで衰える「二つの筋肉」の鍛え方 歩行機能、消化機能にまで影響(デイリー新潮)
#Yahooニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/8a4258d7a1c066984dc11fba2ed532e50f3962ce

まず、大腿筋膜張筋とは、脚の上げ下げや、ひざの関節の倒し込みなどする筋肉であり、歩行全体を左右している。大腿筋膜張筋が縮むと、脚が上がらなくなり、着替えるときなどに一苦労する。
更に、鼠蹊部から足先までの筋肉全体が縮んでしまい、結果、ひざの関節が詰まって、変形性ひざ関節症の大きな原因にもなります。ひざの軟骨が失われて人工関節を入れる必要が生じる。

次に、腸腰筋が縮むと、姿勢が悪く悪化し。ついには内臓下垂を引き起こした挙句、内臓の代謝し、食物を消化する機能が低下する。腎臓の不調にとなり、頻尿、排便トラブル、つまり便秘も引き起こす。副交感神経の機能低下にもつながる。寝つきが悪くなって眠りが浅くなる。

私の場合、腸腰筋を鍛える為に週一回、階段による一段飛ばしを10往復取り入れ実行している。更に、大腿筋膜張筋を鍛える為にも、週一回、階段による縦横の昇降を各10往復4セット、取り入れ実行している。

2つの筋肉を鍛える事は、ボクシングのフットワークに活かせるからである。
詳しくはYouTubeアウトボクサー宮本で解説する。


バイリンガルによる認知症予防

バイリンガルとは、二言語を自由に使いこなすこと。また、その人を意味する。

 bilingualが英単語である。

脳の活性化と認知症予防を目的に、いわゆる「脳トレ」が盛んだが、外国語学習が脳を鍛える上、健康にも役立つらしい。バイリンガルになることが脳の活性化を促したり、脳の老化防止にも効果があったりとの研究結果があるらしい。
つまり言語が脳内で切り替わることで思考や行動を制御する認知能力が鍛えられるらしい。

年齢を重ねるに連れ、言語の習得は困難になる。ただ、何歳になっても、努力することで 脳 によい影響を与える。

https://www.crimsonjapan.co.jp/blog/learning_foreign_languages/

私の場合、英語と日本語を勉強している。
日本人だから日本語を話せるが、言葉の言い回しや使い方も勉強していきたい。
英語に関して、ボクシングによる筋肉トレーニングをしながら、英文暗記をしていきたい


⑤冥府魔道に生きるのみ

冥府とは、死後の世界・霊魂がたどり着く世界である。魔道とは、堕落した道・悪の道である。
冥府魔道とは、下記意味と記載されている。

 

常に争いの絶えない怒りに満ちた世界

 

他者に対する怒りや復讐心に満ちた感情

 

他者に対する怒りや復讐心に執着して溺れること

 

他者に対する怒りや復讐心に執着する生き様

 

 

最後に、今、勤めている会社は、宗教団体である。宗教で人種差別している会社なのである。今の会社は、人種差別し、信仰している所謂白人みたいな人種のみを優遇する特殊な会社である。宗教団体に入会している信者のみが優遇され、入会していない所謂、信仰してない者には、差別的扱いをする。
差別的扱いをされる人種には、結果しか求められない。宗教団体と言えるこの会社では、信者でないと評価されない人種なのである。信者でないが必要と思わせるには、結果を残すしかないのである。全てが自己責任なのであり、結果しか求められない

しかし、今までの歩んできた会社人生も、結果しか求められず、結果が出ないからリストラされてきた。最初の会社では、上層部に徹底的に嫌われ、嘘っぱちの評価をめくら判にされていた。寄らば大樹の陰である。次の会社では、眼から針千本飛んでくる冷たい眼差しの中で、ひたすら給与を貰う為に物流倉庫で実務経験を積み重ねてきた。結局、根っからのファイター的性格がであり、そけが上層部には忌み嫌われた。給与も次の会社では無断で勝手に減らされた。会社で忌み嫌われても生き残るには、結果を出し続けるしかないのである。

私は、フォーク運転のスピードがかなり速すぎるらしい。確かに、フォークの運転がスピード有りすぎると、周りから見ても危ない。スピード運転は、人身事故になると大怪我になり、刑務所行きになるから気をつけねばならない。だから、注意されたのは判る。

家康も自助努力あるのみの人生と言える。幼少から、人質となり、成人してから、今川吉元、織田信長豊臣秀吉に従ってきた。家康も天涯孤独の人生と言える。全てが自己責任と捉え、自助努力してきた。
だからこそ、秀吉死後、日本を二分割する関ヶ原の戦いをたった数日で完全勝利し、天下獲得、天下統一出来たのである。

全てを自己責任と捉え、自助努力しないと生き残れないのである

雑草という戦略 予測不能な時代をどう生き抜くか?

今、コロナが蔓延している。感染力が強い変異株までが、蔓延し出現している。
正に、予測不能な時代である。いつ、どこでコロナに感染するかも分からない。

コロナにより、景気も悪化している。
環境が変化する時代をどう生きるべきか?を悩み続けている日々である。

予測不能な時代、環境が変化する時代をどう生きるか?

この悩みを解決する糸口になるかも知れないと思い、今回、表題の書籍を読破してみた。

結論として、この書籍には、最後に勝つ事が一番重要であり、その為には、勝つ事より負けない事が一番大切という主旨が記載されていると痛感した。

この書籍を簡潔に要約すれば、下記の通りである。


勝つ事より、負けない事が一番重要なのである。

生物の世界で重要なことは、オンリーワンであることだ。隣の生物の戦略を真似しているだけでは、激しい競争に巻き込まれ、勝者にはなれない。


1。雑草は、自らの弱味を避け、強みだけ、で勝負する

2、シンプルさを目指せば、スピードやフレシキブルさや困難を乗り切るレジリアンス等、付加価値を生み出す

3、【ブルーオーシャン戦略】競争のないブルーオーシャン戦略とは、シンプルさを目指しながら高価値を目指す理論である。

4、出来るだけ戦わない、勝てる所で勝負する

5、安易な価値付けせず、多様性に価値付け、何に価値があるのかが分からない予測不能な変化

6、雑草性とは、環境の変化に適応する事である。

7、雑草にはスピードと潜在能力があり、来るべき好機の為には潜在能力が必要なのである。

8、雑草魂とは、大切なことを見失わないことである。

9、勝つ事でなく負けない事が一番重要なのである、。


具体的には、下記の通りに記載されている。
 
・自然界は、厳しい競争の世界である。

激しい生き残り競争が繰り広げられ、そこを勝ち抜かねば、自然界に居場所は与えられない。

・競争を避けて生き残る戦略が、一番重要なのである。→そこが、ナンバー1でオンリー1の居場所なのである。

・善き戦う者は勝ち易きに勝つ者なり。

・【コア・コンピタンス】が一番重要である、
コア・コンピタンスとは、他者を圧倒的に上回る際立った真似出来ないような核となる能力である。
得意な所で、勝負するべきである。

・ニッチとは、ナンバー1になれるオンリー1の場所を見つける事である。

・強さとは弱さを知っている事である

・競争に勝つことは簡単ではない。戦わない戦略が重要なのである。

・チャンスは準備された心に降りたつ。

・次々に変化する環境に、対応する適応力が必要なのである。

・高くなく広くなく深くなることが、一番重要である。
真の実力とは、見えない所にある

・数多くのチャンスを見つけては、小さなチャレンジを繰り返し、その数多くの失敗の中に成功を見つける

・雑草は答えの分からない環境に置かれている為、多様性を持つ

家康も、雑草のような人生ではないかと思う。

信長の配下となり、秀吉の配下となり、関東に移封され、次々と新たな環境に負けないように、次々と取り組んできた。
だからこそ、最後に勝てたのである。